廃棄物

廃棄物は、大きく分けて産業廃棄物と一般廃棄物に分けられます。産業廃棄物は、事業活動において生じた廃棄物のうち、法で定める20種類を指し、それ以外を一般廃棄物と呼んでいます。また、被害が生じる恐れのあるものを特別管理一般廃棄物とし、特別な処理・管理をしています。

産業廃棄物・・・燃え殻や廃油、金属くず、ゴムくず、がれき、紙くず、木くず等
一般廃棄物・・・新聞、雑誌、衣類、食器、粗大ゴミ、乾電池、生ゴミ等
特別管理一般廃棄物・・・PCBが含まれるもの、汚泥、感染性一般廃棄物、ばいじん等

また、その処理の方法にも違いがあります。産業廃棄物は廃棄物を出した業者が処分し、一般廃棄物は市区町村が処分することになっています。

ただし、一般廃棄物の中には市町村で処分できない処分できないケースもあり、その際には廃棄物処理業者が許可を受けて処分します。

粗大ゴミ

一般ゴミの中に粗大ゴミがありますが、その扱いは普通の一般ゴミとは異なります。粗大ゴミには各自治体で基準を設けています。東京の例ですと、最も長い部分が30cm以上の場合を粗大ゴミと定義しています。自治体によって、基準に差がありますので、確認しておきましょう。

粗大ゴミ・・・タンス、机、椅子、鏡台、布団、マットレス、たたみ、自転車、サーフボード等

粗大ゴミは通常の処分ですと費用が必要です。自治体によって処分費用は異なりますが、大きなものにであればあるほどその処分費用も高額になります。また、処分の手続きも面倒です。電話連絡後、処理券を購入し、指定された場所に置いておくのが一般的な流れになります。誰か手伝ってくれる方がいるなら大丈夫ですが、一人で重い物を出すとなると大変です。

通常の処分では、労力と費用がかかるため、不用品回収業者やリサイクル業者、またネットオークションを利用するのも手段の一つです。

ただし、不用品回収業者に依頼する際には注意は必要です。

不用品回収業者の中には、お客さんの様子や知識レベルに合わせて、見積額を調整するような悪徳業者が多いのも残念ながら事実です。
広島や岡山の不用品回収・処分や遺品整理を行っているクリーンファーストでは、必ず適正価格の見積もりを行い、見積もり額を確定・確認してから作業にはいるので、予想外に高い出費になってしまった、などという失敗が怒らない為お薦めです。各地域に、多くの不要品回収業者がいるため、必ずホームページをよく読み、比較検討し、その業者が信頼できるかどうかを判断することが大切です。

  • 24時間ご依頼可能のフィギュア買取専門店ホビトイは他店に負けない高額買取実績。出張料・査定料・送料無料。経験豊富なバイヤーによる査定で安心の店舗。お気軽にお問い合わせください。
  • フォークリフトの買取業者を足立区でお探しなら、フォークリフト買取・修理!サイト運営の林商会、株式会社ハヤシエンタープライズをご検討ください。当社はフォークリフトの買取・レンタルのサービスをご提供。足立区で創業30年の実績で培ったノウハウで、お客様のご要望にお応えします。他店に負けない高額買取実績。出張料・査定料・送料無料。経験豊富なバイヤーによる査定で安心の店舗。お気軽にお問い合わせください。
  • 志木でブランド買取をお考えなら、リサイクルケイラック志木駅東口店にぜひお越しください。当店は地域で信頼度No.1のリサイクルショップ。出張買取、持ち込み買取、当日買取OK!お客様の不用品を積極的に高価買取いたします!